医食同源の科学的証明
ー特にコーヒーや緑茶のポリフェノールについてー

近藤(宇都)春美日本大学 生物資源科学部 くらしの生物学科 食と健康研究室 准教授

テーマ:

 光合成を行うほとんどの植物に含まれているポリフェノールは、カロテノイドやビタミンとともに主要な抗酸化物質として位置づけられ、動脈硬化やがんなどの病気の原因となる活性酸素を除去する抗酸化力を持っています。私たち人間は、これらの抗酸化物質を食事や飲み物を通して体内に取り込んでいます。中でもコーヒーと緑茶は日本人の中でも多く飲用される飲み物で、その抗酸化力は、がんや動脈硬化の予防において貢献度が高いと期待されます。そこで今回はコーヒーや緑茶のポリフェノールについてお話致します。
 飲み物は単なる水分補給に留まらず、我々の生活に潤いを与える嗜好飲料まで幅広く存在します。コーヒーにおいては、世界的に最も広く飲用されているものの、その黒い色と苦味により良い印象とは皆無であり、むしろ悪い印象でただの眠気覚まし飲料という位置づけが長年続いていました。その後、2005年前後よりコーヒーを3~5杯飲むと動脈硬化性疾患のリスクを低減するというデータが次々と発表されましたが、理由は不明とされていました。しかし、2010年に私達の研究により、コーヒー豆中のクロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールが寄与していることが科学的に証明されました。この時期と前後して、コーヒーは糖尿病やシミに対する予防効果なども次々と発表され、健康に寄与する飲み物という一般的認識がもたれるようになり、近年のコーヒーチェーン店の参入なども相まってさらに多く飲まれるようになりました。都心に住む主婦のアンケート結果ですが、 摂取するポリフェノール量のうち6割が飲み物からであり、さらには飲み物の中でもコーヒーからの摂取が最も多いことも判明しました。このアンケートでコーヒーの次にポリフェノールの摂取量が多いのは緑茶からでした。緑茶にはカテキンと呼ばれるポリフェノールが豊富に含まれているのはご存知ですよね?因みに、重量当たり最もポリフェノールを多く含んでいる飲み物は赤ワインですが、日本人はフランス人ほど飲む量が多くないので、赤ワインからの摂取量は緑茶に次ぐものとなっています。また、フランス人は動脈硬化発症の一因とされる脂肪をたっぷり含むフランス料理を食するにもかかわらず、心臓で起きる動脈硬化性疾患による死亡率が少ないことが知られており、この現象を「フレンチパラドックス」と呼んでいます。なぜこの「パラドックス=逆説」が起きるかと申しますと、フランス料理と一緒に赤ワインを飲んでいるからです。
 一方、日本人は癌発症の一因とされる喫煙者が多いにもかかわらず、他国に比べて癌の罹患が少ない現象が起きており、これは「ジャパニーズパラドックス」と言われています。このパラドックスは、日本人が折にふれて緑茶を飲用するからであると言われていますが、近年の飲料の動向も考えると、緑茶に加えてコーヒーも寄与する可能性が考えられます。今回はコーヒーと緑茶のポリフェノールについて紹介しましたが、ポリフェノールはほとんどの植物に含まれている為、植物由来の飲料や食べ物を選択することで摂取できます。ただし、麦茶にはほとんどポリフェノールが含まれていませんが、ミネラルは沢山含まれています。
 これから先も「医食同源」が科学的に証明されることにより、先入観に囚われずに何を飲食するべきかを賢く判断することの一助となれば幸いです。

筆者紹介

近藤(宇都)春美 こんどう(うと) はるみ
1973
年福岡県久留米市生まれ。お茶の水女子大学大学院修了。博士(理学)。防衛医科大学校抗加齢・血管内科助教を経て現職。現在、日本ポリフェノール学会評議員、日本栄養・食糧学会参与、日本フードファクター学会評議員。長年不明であったコーヒーの抗動脈硬化作用を、世界で初めて科学的に証明。日本動脈硬化学会若手研究者奨励賞(2011)、日本栄養・食糧学会奨励賞(2013)、杉田玄白賞奨励賞(2013)などを受賞。