回向院/小塚原刑場えこういん/こづかっぱらけいじょう

(東京都・荒川区)

東京都荒川区南千住の回向院は、本所の回向院が、牢死者や刑死者等を供養するために、寛文7年(1667年)に小塚原刑場の傍らに開いた寺院です。

明和8年(1771年)、杉田玄白・中川淳庵・前野良沢らが解剖図の正確性を確かめるために小塚原刑場において刑死者の腑分け(解剖)に立ち合い、後に『解体新書』を翻訳し、日本医学史上に大きな功績を残したことを記念して、回向院の壁には「観臓記念碑」が設置されています。