父・甫仙が弁天像を寄進した羽賀寺

(福井県小浜市・羽賀)

鳳凰が飛来し、この地に羽根を落としたという典雅な伝説が寺名の由来とされる「羽賀寺(はがじ)」。

玄白の父 甫仙は、信心深い人物であり、羽賀寺に桧材の一本造りの弁天像を寄進しています。
(現在、弁天像の所在は不明です)