玄白の兄と義母の墓がある空印寺

(福井県小浜市・小浜男山)

小浜藩主酒井家の菩提寺で歴代の墓がある。また寺の入口には、人魚の肉を食べて八百歳まで生き続けたという「八百比丘尼」入定洞があります。

玄白には二人の兄と一人の姉がいましたが、父甫仙の小浜在勤中、玄白が9歳のときに長兄と義母とが亡くなり、空印字に葬られました。